日記

冬の瓢月亭

IMGP3491.jpg
PENTAX K-01
HD DA20-40mmED Limited DC WR
APA-C 3:2 / RETOUCH

玉露の里にある 茶室 瓢月亭です。
青の世界で冬の寒さを表現してみました。

コメント

  • TOM2
  • URL
タイトルなし

はい、寒そうですね。

  • べり~*
  • URL
おはようございます。

成程!色で寒さを表現ですね。
ブルー系は綺麗ですね!

  • G&G
  • URL
おはようございます。

またまた、K-01の、お写真ですね。
これは、青い、フィルター加工をしたものですか?
(カメラ内部の、デジタルフィルターですか?)
冬景色の感じが、よく出ています。(笑)

  • ☆AMEX☆
  • URL
TOM2さん

自分でもそう思いました・・(笑)
2Lフォトフレームに入れて飾ってみましたが、結構良かったです。

  • ☆AMEX☆
  • URL
べり~*さん

おはようございます
寒々しい感じはしますが青の世界ってなかなか魅力的と思いました。
ある意味寒いこの時期に見る写真と思います。

  • ☆AMEX☆
  • URL
G&Gさん

おはようございます
青いフィルターを掛けたものですが今回はPCのソフトを使っての編集です。
山間の場所ですが全面を青の世界にしたことで、冬ならではの雰囲気がちょっと垣間見れた気もしました。

  • たいやき
  • URL
タイトルなし

写真を拝見して、「ああタングステンだ」と思いました。
フィルム時代、いろいろなフィルムがありましたね。
その中でタングステンフィルムの昼間の撮影は憧れの一つでした。
いつからか、ポートレートにも使われるようになって、その冷たい描写は何か感じるものがありました。
僕が自分で使った変わったフィルムは素肌美人くらいだと思います。
あまり高いフィルムは買えませんでした。
考えてみると、フィルムやフィルターの選択は、現在のデジタルエフェクトの始まりだったのかもしれません。
デジタルで、こういった調整ができるのは非常に手軽で面白いです。
それにしても、青により寒々とした景色が強調されています。
まるで水墨画のようにも見えます。
今年の1月は今のところ暖かいです。
来週あたりから急に寒くなるとか。
そうなると散歩も相当な厚着になりそうですね。

  • ☆AMEX☆
  • URL
たいやきさん

タングステンフィルムって室内用で屋外だと青っぽくなるフィルムですよね。
私は使った記憶はありませんが、ここまで青くは無かったような気がしますが・・
言われるようにデジタルエフェクトなどはフィルム時代のフィルターやフィルムから来ていると思います。
最近のデジタルカメラでは簡単にこんな処理がカメラ内で出来てしまう事に驚きです。
今回は青を強めに出している為、ちょっと寒々しい感じになりました。
ハードモノクロのような表現も良かったかも知れませんが、考え出すときりがありません。
昨年新発売されたPENTAX KFには以前からある 雅やさとびなどに加え新たなエフェクトが加わりましたが、購入されて使った方の写真を見る限りではその判別は微妙でした。
最近は当たり前の写真に興味が湧かなくなり、危ない世界へまっしぐらです。(笑)
あっ、今週の土曜日はぶらタモリですね。

タイトルなし

 おお、そう来ましたか。これは確かに寒そうです。一瞬、雪景色かと思いました。

  • ぶん
  • URL
タイトルなし

こんにちは。
青の寒色系って寒さを感じますね。
色で季節を表現するってAMEXさんらしいやり方で、いいですね。
写真を撮ってから、ソフトで青色にしたんでしょうか?
寒い時には茶室で温かいお茶を頂きたいものですね。

  • ☆AMEX☆
  • URL
udiさん

遠方などにはとても撮影にいけませんので、手を変え品を変えて頑張っています。(笑)
見方によっては一瞬雪景色かと見間違いそうですね。
自分でアップしたのにこの写真を見る度に寒そ~と思ってしまいます。

  • ☆AMEX☆
  • URL
ぶんさん

こんばんは
はい、撮影後のレタッチです。
寒い部屋でご覧ください・・(^^)/
元写真も悪くないと思いましたが、この青は今でしょ・・ていう感じです。

  • アルフレッド
  • URL
タイトルなし

これは撮ったあとにブルーで編集したんでしょうか
こう言う写真は単色でも味がでていいです

  • たいやき
  • URL
タイトルなし

PENTAX KFは実は少し興味があります。
K-70のあっため返しという論評もありましたが、実は全く違うカメラらしいという話も聞きました。
どうもPENTAXはこのあたりが昔から上手でないような気がします。
フィルム時代のZ-1とZ-1Pは全く別物のカメラでしたが、見た目が同じなのでマイナーチェンジと思われていたりということもありました。
やっぱり一眼レフでペンタプリズムで軽くてということを考えると、ちょっと候補として考えてしまいます。
気になるのは、例の新たなエフェクトはHD-PENTAXレンズでないと使えないということでした。
う~ん、レンズで重複する焦点はこれ以上あっても、考えてしまうわけです。
K-5もまだまだ元気なので。

ブラタモリ大井川は楽しみですね。
僕は静岡市内よりも、島田や掛川あたりのほうが面白く感じています。
もちろん大井川鉄道は、全ての車両に乗ってみたいくらい気になっています。
ここだけで3~4日間くらい旅が楽しめそうです。

  • yamashiro794
  • URL
こんばんは。

玉露の里とか 茶室 瓢月亭とかの名称に、お茶に関係する文字がありますね。
ということは、静岡県で生産の多いお茶と関係がある施設ですね。たぶん。
ひょっとしたら、まわりは茶畑だったり……。
写真を見ると、池の水の青さが効果的であるように思いました。
この青色は、カメラに設定によるのか気になりました。

  • ☆AMEX☆
  • URL
アルフレッドさん

はい、撮影後の編集です。
いろいろ試していたら面白い表現になりました。
冬の季節感を一層感じさせる描写で良いのではないかと思います。

  • ☆AMEX☆
  • URL
たいやきさん

そうでした・・
HD DA LENSで無いと使えないみたいですね。これは少し残念です。
KFの紹介動画もYouTubeなどで増えて来ていて見ているといいな~と思ってしまいます。
ただ機能が優秀過ぎて私では使いこなせないかもです。
カメラが新しくなったからと言って凄い写真が写せるわけでもないですからね・・(笑)
そう言えばKODAK FILMがまた値上げと聞きました?
最近フィルムも使っている身としては更に厳しい感じです。
今はFUJI COLOR 100が一番安く入手出来そうなので、当面ISO100の36枚撮りになりそうです。
DA40mmXSレンズですが前々から追加でもう一本欲しいと思っていました。
ちょっと前まで?はアマゾンやヨドバシに1万円位で出ていたのでいつでも買えると思っていたら、知らない間に終売で商品が各ショップから消えていました。
そして一部ショップの新品価格がとんでもない高値になっていて・・汗”

今日はブラタモリを忘れず録画予約もしておきました。
恐らくですが大井川流域の内容になりそうです。

  • ☆AMEX☆
  • URL
yamashiro794さん

こんにちは
この場所は隣町の山間にあり桜も紅葉も写せるので過去に何度も来ている場所です。
通常冬には何もないので来ないのですが、ネタも無いので冬のイメージを写してみました。
ただ普通にカラーで綺麗に写してはただの絵葉書になってしまうので、撮影後レタッチして趣を変えてみました。
結果、冬らしさが表現されていい雰囲気(個人的)になったと思います。
仰るように水面に少し揺れて写った木立なども相まって効果が増した気がします。

  • れもん
  • URL
こんにちは。

朝、明け方の景色かなとも思いましたが何かしらの加工もされているんですね。
青と言う色は寒々とした感じもありますが、
この写真は引き締まった感じのする写真だなーと思いました。

  • ☆AMEX☆
  • URL
れもんさん

こんにちは
撮影当日は曇り空でしたが撮影は普通にしているので、カラーで綺麗に写っています。
そのままの写真も良かったのですが少し変えて見たかったのでPCソフトで青色にしています。
寒々とはしましたが仰るように冬のこの景色に合う気がしました。
全面を一色で表現したのはもしかしたら初めてかもしれません・・。

タイトルなし

水辺だったからこの色合いもそれほど違和感がなく馴染んでるんでしょうね
フィルムカメラの頃、レンズ前に取り付けるKenkoのフィルターで「セピア調」なんてやっていた思い出が…
いまは簡単にできますね

  • URL
タイトルなし

ほんとだ。寒々しいです。冷たいって感じかな・・
雪がちらつく朝にも見えます。
色でも様々に感じますね。

  • ☆AMEX☆
  • URL
toshiさん

昔は色々なフィルターを駆使して写真を撮りましたね~
それが今では簡単に出来てしまう・・
この写真はデジタル撮影ですがフィルムでもデジタル化すれば同様にレタッチ出来ます。
間違って元画像に上書きしないように注意しています。(笑)

  • ☆AMEX☆
  • URL
幸さん

こんばんは
人間は最初見たもので思考回路が大きく動くようです。
そして寒々しいながら青の世界に引き込まれそうな感じもします。
モノクロもそうですが色を変える事で印象って大きく変わりますね。

  • たいやき
  • URL
タイトルなし

KFはおそらくハイアマチュア機という設定なのだと思います。
他社の中級機や入門機とは明らかに一線を画した装備です。
ミニK-3と言っても言い過ぎではない気がします。
それにしても、あらゆるものの値段が驚くほど上がっています。
好きなコーヒーや紅茶もそうですが、小麦やガソリンなど生活そのものにかかわるものが厳しい値段です。
カメラや用品も随分高くなりました。
交換レンズも普通の人では手が出ない値段になっていますね。
それでもちょっとずつでも買って支えないと、カメラ業界がより縮小してしまうのではないかと危惧しています。
フィルム、一本に1か月以上はかかりそうですが、継続して使いますよ(笑)
ブラタモリはこれから録画したものを見ます。
感想も書きに来たいです。

  • ☆AMEX☆
  • URL
たいやきさん

あらゆるものの価格が高騰していますね。
食品価格もですがフィルム価格の高騰は、地方で通販購入に頼るものにとってはとても厳しいです。唯一幸いなのはネガカラーなら市内の行きつけのお店で以前と同様の値段で現像してくれることでしょうか。
コーヒーは家内共々ドリップパックの物を毎日飲みますが、価格高騰に加え入数も二袋減りました。今年はまだまだ上がりそうです。
ブラタモリは地元の私でも十分楽しめました。

  • たいやき
  • URL
タイトルなし

ブラタモリ大井川編、ついに見ました。
スタートは川会所のそばでしたね。
川会所に向かう映像をみながら、ああここだここだと口に出してしましました。
そして憧れの蓬莱橋!
ここの時間はもっとゆっくりとって欲しかったなあと思いました。
というのもブラタモリは空撮を含めカメラの台数が多いので、美しい映像が楽しめるのではと期待したからです。
しかし、すぐに牧之原台地に移動してしましましたね。
台地とはいうものの、川底から150mもの差があるのは驚きました。
舟形の屋敷は初めて知りました。
地層はすごいものがあるなと思いました。
その後はまた憧れの大井川鉄道でしたね。
内容が豊富で2回に分けてもいいような気がしました。

  • ☆AMEX☆
  • URL
たいやきさん

大井川が牧の原の方にも流れていた事、川底からの高低差、舟形の敷地、上下逆の地層・・などなど私も初めて知ることが多かったです。
仰るように二回に分けても十分突っ込みどころはあると思いました。
川会所はいつでもだれでも自由に中に入って見る事が出来ますが、同じ道筋にある番宿などは出て来ませんでした。この場所には島田市博物館や別館などもあり観光に来た際にはそちらに立ち寄ってもいいと思います。
蓬莱橋には休憩所や賃取窓口などありますが、ロケ時間の関係かその辺りはほとんど写っていませんでした。また牧の原台地には茶業試験場などもあり、外国からも勉強にたくさんの人が来ています。

話は反れますがその牧の原の静岡空港に近い所にアウトレットの話が出ていたんですが、コロナもあって頓挫してしまいました。
こちらはブラタモリとは関係ない物の、家内などは楽しみにしていたんですが・・(笑)

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する